2010年06月04日

手足口病、近年最多ペース=重い合併症に注意―感染研(時事通信)

 子どもの口や手足に発疹(ほっしん)を起こす「手足口病」の発生報告数が、データがある過去11年で最も多くなっていることが1日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。ほとんどは軽症で済むが、まれに重い合併症を起こすことがあり、安井良則主任研究官は「今後の発生動向に注意が必要」としている。
 手足口病は、乳幼児を中心に夏に流行するウイルス性感染症で、水疱(すいほう)性の発疹が主症状。多くは自然に回復するが、まれに髄膜炎や心筋炎などを起こし命にかかわることがある。複数の原因ウイルスのうち、エンテロウイルス71(EV71)が原因の場合は髄膜炎の発症率が高いことが知られている。
 感染研によると、5月17日から23日の1週間に約3000カ所の定点医療機関から報告された患者数は、1カ所あたり1.41人。大きな流行のあった2000年の同時期を上回り、同年以降で最多となっている。 

【関連ニュース】
「ワクチン輸入で政治介入」=新型インフル検証会議で専門家
7カ月ぶり流行水準下回る=インフル患者、定点0.77-感染研
インフル、流行目安下回る=施設当たり患者数1人切る
はしかワクチン、接種低迷=新型インフル余波か-09年患者激減、「排除」へ正念場
インフル患者、減少続く=週推計7万人

出産育児一時金めぐり6月にフォーラム―産科学会と医会(医療介護CBニュース)
「自分で作った方が早い」 警部補が交通違反の実況見分調書にうそ記載(産経新聞)
<将棋>内藤国雄九段 連盟関西本部長を辞任(毎日新聞)
住基カード発行、445万枚=普及率は3.5%―総務省まとめ(時事通信)
小沢氏会見、1日に延期(時事通信)
posted by シノヅカ ヒデハル at 03:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。