2010年05月24日

普天間移設で課長級協議=日米(時事通信)

 日米両政府は17日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する外務・防衛当局の課長級協議を外務省で開いた。週内に東京で開催される見通しの審議官級の実務者協議に先立ち、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)を移設先とする現行計画の修正や鹿児島県・徳之島などへの基地機能の移転について技術的な検討を行った。
 米側は12日にワシントンで行われた審議官級協議で、くい打ち桟橋方式による代替滑走路建設案はテロ攻撃の標的となりやすいなどとして難色を示しており、こうした点を再調整したとみられる。協議には日本側から外務省の船越健裕日米安全保障課長、防衛省の芹沢清日米防衛協力課長、米側からメア国務省日本部長らが出席した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

<廃棄物処理>環境相の確認取らず冷蔵庫輸出 業者を逮捕(毎日新聞)
強い自治体の陰に…脳損傷者家族を襲う「介護者亡き後」の不安(産経新聞)
最古の刺繍、西陣織で再現 聖徳太子ゆかり中宮寺(産経新聞)
東京海上HD、222億円申告漏れ…国税指摘へ(読売新聞)
大麻草1443本、最大級の押収 ベトナム人5人栽培容疑(産経新聞)
posted by シノヅカ ヒデハル at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。