2010年01月19日

元会社社長不明、公判中の男が「遺体捨てた」(読売新聞)

 鹿児島県内の元会社社長が昨年5月から行方不明になる事件があり、覚せい剤取締法違反で起訴、公判中の宇都宮市内の男(47)が鹿児島、栃木両県警の調べに対し、「元社長の遺体を栃木県内の井戸に捨てた」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。

 両県警は12日、供述に基づき、死体遺棄容疑で栃木県鹿沼市の廃校の井戸を中心に捜索を始めた。

 行方不明になっているのは鹿児島県屋久島町船行、藤山幸彦さん(74)。捜査幹部によると、昨年5月29日夕、藤山さんは同町内の別荘で1人でいるところを目撃されたのを最後に、連絡が取れなくなっている。

 宇都宮市の男は、藤山さんと土地取引などを巡ってトラブルになっており、同町内で何度も目撃されていた。さらに男は、藤山さんが行方不明になった後、藤山さんの長男(44)に「屋久島に来た経費などを払えばすべてお話しします」などと電話し、約100万円を請求したという。

 男は昨年7月、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で栃木県警に逮捕され、同9月、懲役2年2月の実刑判決を受けて控訴中。両県警の調べに対し、男は藤山さんの遺体の遺棄は認めているが、殺害は否定しているという。

世界で高さ3番目、羽田の新管制塔が運用開始(読売新聞)
センター試験 追試験、最多の961人 雪で遅れ、1万人影響(産経新聞)
有料老人ホーム、389か所が依然無届け(読売新聞)
コンピューターに過大な負荷=210便に影響−管制一元化の羽田システム障害(時事通信)
25歳巡査を懲戒免職=女子大生にわいせつ行為−埼玉県警(時事通信)
posted by シノヅカ ヒデハル at 11:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。