2010年03月16日

景気判断、上方修正へ=月例報告で8カ月ぶり−政府(時事通信)

 政府は11日、3月の月例経済報告で景気に関する基調判断を8カ月ぶりに上方修正する方針を固めた。同日発表した2009年10〜12月期の実質GDP(国内総生産)改定値が年率3.8%増と堅調で、景気二番底の懸念も薄らいだため。「持ち直し」としてきた昨年7月以来の表現をより強める方向だ。
 菅直人副総理兼経済財政担当相が15日の関係閣僚会議に同報告を提出する予定。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

水俣和解一時金210万円 熊本地裁所見示す(産経新聞)
放鳥トキが「擬交尾」=初確認、繁殖に期待−環境省(時事通信)
<芸術選奨>坂本龍一さんらに文部科学大臣賞 09年度受賞(毎日新聞)
特養整備、大都市中心に多床室に「舵切りつつある」―厚労省課長が認識(医療介護CBニュース)
民主都議スタッフ、身分偽り五輪招致映像費を調査(産経新聞)
posted by シノヅカ ヒデハル at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<妊娠糖尿病>診断基準を厳格化(毎日新聞)

 日本糖尿病・妊娠学会、日本糖尿病学会などは、妊娠をきっかけに発症する妊娠糖尿病の診断基準を厳格化する方針を決めた。世界糖尿病妊娠学会が世界約2万3000人の妊婦を対象にした調査を基に取りまとめた診断基準を採用、より軽い高血糖の人にも治療を促すことにした。

 妊娠糖尿病は従来、妊娠前に発症した糖尿病も含んでいたが、同学会などは「妊娠中に初めて発見または発症した軽い高血糖とし、明らかな糖尿病は含めない」と変更し、一般的な糖尿病と区別した。

 そのうえで、空腹時血糖値(1デシリットルあたり92ミリグラム以上)、75グラムブドウ糖負荷試験の1時間後の血糖値(同180ミリグラム以上)、2時間後の血糖値(同153ミリグラム以上)の三つの検査値のうち、1項目でも該当した場合、「妊娠糖尿病」と診断することにした。従来の診断基準は2項目に該当することが必要だった。【永山悦子】

【関連ニュース】
糖尿病:働き盛り調査…治療と仕事両立探る 5千社対象
社説:メタボ健診 科学根拠に制度見直せ
糖尿病講座:(20)運動療法の進め方
糖尿病講座:(21)経口血糖降下薬治療
国内の糖尿病患者

温暖化基本法案で詰めの協議=閣僚委を開催(時事通信)
<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)
水族館で初!55年で5555万5555人(読売新聞)
朝鮮学校の扱い「決めてない」=高校無償化−鳩山首相(時事通信)
【健康】ヨウ素 取りすぎ注意 「食事摂取基準」来月改定(産経新聞)
posted by シノヅカ ヒデハル at 04:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。