2010年02月06日

毎日新聞記者、無免許運転容疑で摘発(読売新聞)

 毎日新聞の地方支局記者(25)が免許停止中に高速道路で車を運転、広島県警高速隊に道路交通法違反(無免許運転など)容疑で摘発されていたことがわかった。

 毎日新聞大阪本社などによると、記者は5日午前10時40分頃、広島県内の高速道路でレンタカーを運転中、車線変更禁止区間で車線を変更。高速隊員が免許証の提示を求めたところ、記者は昨年12月から60日間の免許停止処分を受けていた。

 同本社の白神潤一・地方部長は「本社記者が無免許運転したことをおわびいたします。詳しい事情を聞いたうえで、厳正に処分します」としている。

政務三役・副幹チームを検討=政策関与の強化狙う−民主(時事通信)
【中医協】NSTや呼吸ケアなど、チーム医療で3加算を新設(医療介護CBニュース)
<交通事故>コーヒー店にタクシー突っ込む 京都・左京区(毎日新聞)
JR高崎線で人身事故、上下線で運転見合わせ(読売新聞)
企業再生支援機構の活用検討=ハウステンボス再建で−前原国交相(時事通信)
posted by シノヅカ ヒデハル at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川に乗用車転落、車内に男女2人の遺体(読売新聞)

 4日午前7時40分頃、さいたま市桜区下大久保の鴨川で、乗用車が川の中に転落しているのを近くを通ったバスの乗客が見つけ、通報した。

 車の中からは中高年とみられる男女2人の遺体が見つかった。

 埼玉県警浦和西署の発表によると、車は、土手から約9メートル離れた水深約1・5メートルの地点で見つかり、男性は運転席、女性は助手席にいたという。遺体に目立った外傷はなかった。

 同署は男女の身元の確認を急ぐとともに、事故と自殺の両面から調べている。

抗がん剤「ネクサバール」、因果関係否定できない死亡が7例(医療介護CBニュース)
<雑記帳>「塩竈の藻塩」の携帯ストラップ(毎日新聞)
「検察官役」弁護士を指定=全国初の起訴議決で−明石歩道橋事故・神戸地裁(時事通信)
<首都圏連続不審死>木嶋容疑者を送検へ(毎日新聞)
<衆院代表質問>「鳩山政権は小沢独裁」…谷垣氏が追及(毎日新聞)
posted by シノヅカ ヒデハル at 04:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。