2010年01月20日

<石川議員逮捕>通常国会目前の激震(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件は15日夜、元秘書で同党の衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら2人が逮捕される事態に発展した。通常国会開会を3日後に控え、国会審議に影響必至のタイミング。東京地検特捜部が決断した背景には、石川議員の不可解な供述や小沢氏の聴取拒否に加え、キーマンの失跡など「捜査上やむを得ない事情」(検察関係者)があった。【岩佐淳士、大場弘行、北村和巳】

 ◇キーマン見失い決断…検察、不測の事態を防止

 一斉捜索から一夜明けた14日。特捜部は事件のキーマンである小沢氏の元私設秘書、池田光智容疑者(32)と連絡が取れないでいた。「自殺したのではないか」。内部に不安が広がった。不測の事態が起これば、事件の根幹が揺らぎかねない。

 検察当局にとって当初から、予期しない事態の連続だった。当初、任意捜査を原則に捜査を進めてきたが、12月27日の石川議員の事情聴取でもくろみが外れた。石川議員は事実経過は認めたものの「記載ミス」だと主張した。政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑の立件には故意、つまり意図的な虚偽記載であることを立証する必要がある。石川議員側は大筋で事実関係を認めたつもりでも、検察サイドには否認と映った。

 しかし、供述は年が明けても変わらない。中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)の元幹部は特捜部に、04年10月、石川議員と東京都内のホテルで会い、5000万円を渡した▽05年4月、当時の会計責任者で公設第1秘書の大久保隆規被告(48)=公判中、逮捕状=に同じホテルで5000万円を渡した、と説明した。石川議員も大久保被告も否定したが、04年の5000万円授受に近接した時期、陸山会には同額の入金記録があった。

 石川議員の説明は「小沢氏から4億円の手持ち資金を借り、土地を購入した」という内容。特捜部は資金を出したとされる小沢氏に説明を求めるため5日、任意聴取を要請した。しかし、小沢氏からは明確な返事がないまま。12日の記者会見でも「捜査中」を理由に小沢氏が説明を避けた。「このままでは真相解明できない」。家宅捜索を決断した。

 ただこの段階でも、石川議員本人に対しては任意捜査を継続する意向だった。通常国会が始まる18日以降は憲法上、議員に不逮捕特権が保障され、検察は逮捕前に衆議院に逮捕許諾請求をし許諾決議案が可決されてやっと逮捕できる。わずか3日前の15日というギリギリのタイミングで逮捕すれば「許諾逃れだ。国会で説明できない程度の証拠しかないんだろう」との批判を招きかねない。実際直前まで、法務検察幹部は「やるなら堂々と許諾請求する」と語っていた。

 そこに舞い込んだキーマンの池田元秘書失跡の情報。池田元秘書は石川議員の後任の事務担当者で内情をよく知る人物で、立証に不可欠とされる。特捜部は行方を突き止め不測の事態を防止するために身柄を確保する必要に迫られた。

 「来年度予算案が審議入りする予定の2月上旬に起訴できる。逮捕すれば国会審議に影響は出るが早ければ影響は少ない」(法務・検察幹部)。15日夜、東京・霞が関の検察庁庁舎に幹部が集まり、石川議員の逮捕を決めた。

 ◇土地購入費4億円が焦点

 土地購入を巡り、政治資金収支報告書に記載されているのは(1)04年10月に小沢氏名義で組んだ4億円の定期預金(2)同月に小沢氏から4億円借り入れ(3)05、06年に2億円ずつ小沢氏に返済した−−との内容だけ。これ以外の複雑な会計処理は、いずれも記載されていなかったり、虚偽の記載があったことが分かっている。

 判明している虚偽記載は(4)04年10月上旬に「小沢氏から借りた」と石川議員が主張し、土地購入費に充てたとされる4億円の記載がない(5)07年4月に約4億円を出金した記載がない−−など。

 このうち特捜部は容疑の核心を(4)と位置づけた。(4)を隠すために(1)〜(3)を記載し、あたかも(2)の借入金で土地を買ったかのように装ったのが容疑の本質とみている模様だ。また(5)については容疑の核心に密接な関係があると位置づけている。

【関連ニュース】
【写真特集】石川衆院議員:東京地検が逮捕
小沢幹事長:土地購入問題で陳謝 違法性は否定
社説:「陸山会」土地取引 小沢氏に説明求めたい
陸山会土地購入:強制捜査に発展 世論読めず民主戦々恐々
陸山会土地購入:「先生に4億円返す」東京地検がメモ押収

<芥川賞>該当作品なし 99年上半期以来(毎日新聞)
<三木市長選>薮本吉秀氏が再選(毎日新聞)
<トラフグ>水温調節だけでオス化する技術 近畿大研が開発(毎日新聞)
石川容疑者、5000万円口座へ 水谷建設から「裏献金」の3日後(産経新聞)
指定市町村、約50増加へ=過疎法延長案で大筋合意−与野党(時事通信)
posted by シノヅカ ヒデハル at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳩山首相「権力でメディア歪めるつもりない」(産経新聞)

 【鳩山ぶら下がり】(19日夜)

 鳩山由紀夫首相は19日夜、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる事件で、東京地検が捜査情報をメディアに漏洩(ろうえい)しているとして発足した民主党の対策チームについて、「私は報道は当然、公平公正であるべきで、真実を包み隠さずに報道されるべきだと思っている。権力でメディアがゆがんでしまうことは望ましくないし、そういうことを企図しているとは思っていない」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。

 ぶら下がり取材の詳報は以下の通り。

 【日航の会社更生法申請】

 −−今日、日本航空が会社更生法を申請し、企業再生支援機構が支援を正式決定した。政府は再建に向け、全面支援していく考えだが、新しい日航にどんな姿を期待するか

 「うん。これで一応、支援機構が支援をすると決めたわけですから、ただそれを喜んでいるという話ではなくてね、JALはJALとして新しい姿をね、全力を挙げて示すということが大事であります。一番大事なことは、この日航で働いておられるすべての皆さんが、新しい気持ちになって再生に向けて全力を尽くす。それが前提のもとで、政府としても当然、国民の皆さま方の、この飛行機に乗りたいときの運行の問題などがあるわけですから、支援をしていくということでありましてね。大前提として、くどいようですが、JALの皆さんの頑張りにかかっているということであります」

 【国会論戦】

 −−今日から国会論戦が始まり

 「はい」 

 −−初日の感想をお願いします

 「感想」

 −−また、首相と小沢幹事長の政治とカネについて、野党は集中審議を求めているが、第2次補正予算案の今月中の成立という政府与党の国会日程について、このまま予定通りいけると考えるか

 「はい。これは150日分の1日が過ぎたということで、1日1日全力を尽くしていくと。何のために全力を尽くしていくかといえば、国民の皆さん方の今、経済が大変、まだまだ厳しさが強い。厳しい状況で頑張っておられる国民の皆さんのために、まさに命を大切にする政府として最善を尽くしていく。1日1日を勝負かけていきたい。そう思っています」

 「したがって、私どもはこの努力の積み重ねで、何としても、まずは、第2次の補正予算を仕上げたい。その後、来年度の予算案に関してもできるだけ早く、成立を期していきたい。それにすべて尽きます」

 「私やあるいは小沢幹事長の政治資金の問題があります。そのことに関して、私どもとしてできる限りのことを国民の前でしっかりと答弁をしていきたい。そのように思っています」

 【小沢氏の事情聴取】

 −−小沢幹事長が東京地検の任意聴取に対して応じることに前向きな意向を示しているということだが、首相としても任意聴取に応じるのが望ましいと考えるか

 「それは私は本会議でも申し上げましたけれども、小沢幹事長としてもね、ご自身の立場のなかで当然判断される話だと思いますが、身は潔白であると。ご自身、そう信じておられるわけですから、それならば、そのことをしっかりと説明されることが私は望ましいと思っています。そのことが、できる限り早く実現するように。そんな思いがあります」

 「(付け足すように)すべて、当然、しかし、小沢幹事長が判断をされるということであります」

 【首相補佐官人事】

 −−枝野幸男衆院議員の首相補佐官人事がまだ決まらないが、改めて何か特段の事情があるのか

 「うん。特段の事情はありません。ただ、この枝野君に関しては、将来、副大臣、政務官などの法案が、まだ上がっているわけじゃあありません。これから議論する話でありますが、それがいわゆる、私どもの増員が、望み通り決まったときには、そこでも頑張ってもらいたいと思っておるものですから、そのこととの絡みのなかで、じゃっかん時間がかかっているということでありまして、彼の有能さは誰もが認めていることだと思います」

 【捜査報道がらみ】

 −−東京地検が捜査情報をマスコミにリークするとして、民主党が捜査情報漏洩対策チームを設置することを決めた。報道のあり方や情報源を調査するということで、党に都合の悪い報道を規制するのではないかという批判もあるが、どう考えるか

 「うん。私は報道というのは当然、公平公正であるべきで、真実を包み隠さずに報道されるべきだと思っておりますから、権力で、メディアがゆがんでしまうというようなことは望ましくありませんし、そういうことを企図しているということだとは私は思っておりません。いずれにしても、これは私がこれ以上コメントする話じゃないと思ってます」

【関連記事】
鳩山首相「幹事長信頼して一枚岩に」
「戦って」は検察批判ではない 鳩山首相
鳩山首相、内閣官房刷新「以心伝心の仲間増やしたい」
鳩山首相「みそぎと胸張るつもりない」
鳩山首相、小沢氏は「二度と出てこないような政治家」

在宅酸素療法中の火災27件=26人死亡、半数超は喫煙原因−厚労省(時事通信)
首相動静(1月14日)(時事通信)
電子書籍、iPhoneで読めます モリサワが携帯向け閲覧ソフト(産経新聞)
女性物Tシャツにも血痕=ATMの男、上申書提出−経緯解明へ・千葉大生殺害放火(時事通信)
取り調べDVD、初の証拠採用=裁判員裁判で名古屋地裁(時事通信)
posted by シノヅカ ヒデハル at 08:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。